So-net無料ブログ作成
検索選択

南海汐見橋線に乗ってみよう [旅・遠出]

昨年ぐらいから大阪神戸付近の私鉄の乗りつぶしを少しずつやっているのですが、今回は大都会のローカル線とも言われている大阪市内を走る南海汐見橋線に乗ることにしました。

ちなみに正式名称は南海高野線で、かつては始発の汐見橋駅から高野山まで一本で行けたらしいのですが、現在は岸里玉出駅で分断されいて、汐見橋駅から岸里玉出駅までの区間は南海本線の支線のような路線となっています。しかも汐見橋線は大阪市内を走る路線であるにもかかわらず、ワンマン2両編成の電車が30分ごとに行き来するだけとなっていて、さながら地方ローカル私鉄のような雰囲気を出しているのです。
・・・

東京から新幹線に乗って新大阪駅まで移動し、地下鉄を乗り継いで桜川駅へと移動します。

桜川駅は地下鉄と阪神の乗換駅ですが、密かに南海汐見橋線にも乗り換えができてしまうのです。



地下駅を出ると目の前に汐見橋駅が!

つい最近まで、昭和30年代頃に作成された古い南海線の路線図が掲げられていたそうですが、現在は残念ながら綺麗さっぱりなくなっていました。


地方都市のローカル私鉄のような汐見橋駅で電車を待っているとやってきました。



車両は古さを感じさせませんが、昭和48年製なので見た目に反して古いです。

さあ乗ってみましょう。

汐見橋駅で数名の乗客を乗せた汐見橋線は、大阪の下町を抜けてゆっくりと岸里玉出駅を目指します。

・・・

10分弱ほど乗り通すと終点の岸里玉出駅です。あっという間ですね。



岸里玉出駅と言えば言わずと知れた西成区の中心地。せっかくなので、少し散策してみましょうか。



ねこさん。



スーパー玉出。これ知らなければパチンコ屋だと思ってしまうな!

あいりん地区や飛田新地など、世間一般で思われている西成区のアレなところはもう少し新今宮方面なので、この辺はそこまですごいものがあるわけではありませんが、それでも他の地域に比べればディープな大阪を堪能できるかと思われます。

実はこのまま岸里玉出駅から南海線に沿って新今宮まで行く予定だったのですが、大阪出張に来ているお知り合いからお酒のお誘いがあったので。天下茶屋駅から堺筋線などに乗って梅田へと向かったのでした。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。